Wolrd Art Ambassador(WAA/国際芸術大使)(ゴールドメダル授与)
◆スペイン美術団体「A.M.S.C.」芸術家会員
◆スペイン国立装飾美術館会員
◆パジェ・デ・ロス・スエニョス財団会員
◆英国王立美術家協会(RBA)メンバー認定(2019年予定)


 

◆プロフィール&ストーリー

 

十数年前に多額の負債を抱える事になり、
その時「東に青い絵を飾ると仕事がうまくいき、発展する」という事を耳にする。
しかし当時絵を買う余裕がなかった彼女は、自分自身の為に青い絵を描いた。

 

その時の作品『カーストラーダ』

 

早急に返済するため、コミッションのある営業職へ就職。
彼女にとって非常に苦手な職種だったため、とにかく元を担ぎたかったと本人は語っている。
その後会社でトップの成績をとり、多額の借金も4年かからずして完済する。

 

しかし、その後ふたたび絵を描く事はなく、十数年が経過していた。

 

すると・・・

 

ある時、一人の女性に「絵を描いて欲しい」と依頼される。
事業で失敗した彼女は、イチから出直すため、
絵を毎日見ながら、再起をはかりたいとLillyに伝えたのだ。

 

「自分でいいのか」という気持ちも残りながら、大好きな絵を喜び夢中で描いた。
その彼女は1年もしない内に独立し、新しい一歩を踏み出した。
Lillyはそのとき「自分の絵を喜んでくれる人や、自分の絵で励まされた人がいる」
という感動とともに、忘れかけていた大切な事を思い出したと話す。

 

それは、「人々に勇気と愛を与え、幸せをもたらす絵を描く画家になる」という、彼女の幼い頃の夢だった。

 

その頃の彼女は投資詐欺に遭い、無一文状態になっていたのだが、
この事件により「本当にやりたいことをやろう、絵で生きていこう」と覚悟を決め、その後は最低限の生活費を派遣の仕事で確保しながら、絵を描き始めた。

 

その後は何かに導かれるようにさまざまな人と出会い、支え支えられ、
2011年にはニューヨークとロサンゼルスで個展を開いて本格的に活動を開始。
現在は絵を描く日々を送っている。

 

「人々に愛と勇気を与え、人々に幸せをもたらすために、どうぞ私の体を使ってください!」
そう思いながら絵を描いている、と彼女は語る。

 

ユーモアがあり、それでいてアーティストとしての鋭い感性を持ち、
その独特な画風と世界観が注目されるLillyの不思議な魅力を、
Lilly’s Galleryで出会える沢山の作品を通して感じられるはずだ。

 

 


◆Lillyの足跡

 

【1964年7月20日】 福岡に生まれる
親の話だと、幼い頃から絵を描くことが何よりも好きだったとの事。
そして、将来、人々に幸せを運ぶ画家になりたい!という夢を持っていた。

【1977年頃】 小学校を卒業すると同時に、画家になる夢も諦める。
【1977年頃~1983年頃】 普通の学生生活を送る。
【1984年頃~2008年頃】
企画営業、秘書、職域販売、カウンセラー、飲食業、バイク急便、代行など、昼夜問わず様々な
職に携わり、絵とは無縁の世界で生きていく。途中、結婚&離婚、多額の負債&完済の経験あり。

【2008年】 絵を描くことが自分の天命と悟り、独学で絵を描き始める
【2011年2月】 ある日突然「ニューヨークへ行ってくる」と思ってもいない言葉が口から飛び出す。
その10日後には単身でニューヨークへ。ここから奇跡が始まる。

【2011年  9月26日~10月22日】  ニューヨーク「Michi Beauty Salon」にて初個展
オーナーのご要望で、展示期間が延長となり、同年12月末まで展示される。

このイベントの記事はこちら

【2011年 10月25日~12月3日】  ロザンゼルス「Circa92」で個展

このイベントの記事はこちら

【2011年 12月6日~12月17日】 ロサンゼルス「Myu Beauty」で個展

このイベントの記事はこちら

 

【2012年  4月5日】 Lilly’s Gallery 設立

 

【2012年 4月9日~4月15日】 福岡でギャラリー風「ふたり展」開催

このイベントの記事はこちら

【2012年 7月29日】 唐津Otte「大手口センタービル」で個展

このイベントの記事はこちら

【2012年 7月7日~2013年 8月31日】 ニューヨーク「Michi Beauty Salon」で個展

このイベントの記事はこちら

【2013年 9月2日~9月7日】 ニューヨーク「Ouchi Gallery」で個展

このイベントの記事はこちら

 

【2017年 5月19日~5月21日】
大阪「OASIS2017(フランス・スペイン・モナコ・日本の美術展)」
OBPツイン21アトリウム1F特設大ホールにて開催

このイベントの記事はこちら

 

【2017年 10月13日~10月15日】
マドリード
「アートメゾン・ビエンナーレ2017(国際交流展)」Círculo de Bellas Artesにて開催

スペインの美術団体A.M.S.C.」の芸術家VIP会員

スペイン国立装飾美術館の会員
パジェ・デ・ロス・スエニョス財団の会員
として認定される。

【20171124日】
スペイン・マドリード州プエブラ・デ・ラ・シエラ
『未来への希望/LENGUAJES ENEL FIRMAMENTO』建立 。
ゴヤ、ルーベンスと共に、
“ARTSITAS INTERCAMBIO CULTURAL ESTANA‐JAPON”
(”日本とスペインの文化交流アーティスト”)としてLillyの名前も刻まれ、 永久収蔵(野外展示)。

このイベントの記事はこちら

 

201832日~3月4日】
モナコ「第12回モナコ・日本芸術祭2018 」
AUDITORIUM RAINIER Ⅲ にて開催
World Art Ambassador(WAA/国際芸術大使)』
として功績認定され、ゴールドメダルを授与される。
記念に「地水火風」F3サイズの複製記念切手(日本郵政)を頂きました。

このイベントの記事はこちら

 

【20183月頃】
メトロポリタン美術館・ニューヨーク近代美術館・ルーブル美術館等に収められる。
『アートメゾン・インターナショナル Vol.22』(2018年度版)(美術書)が発行され、同美術書にLillyの作品が掲載。

このイベントの記事はこちら

 

【2018518日~520 】
大阪「OASIS2018(フランス・スペイン・モナコ・日本の美術展)」
OBPツイン21アトリウム1F特設大ホールにて開催

このイベントの記事はこちら

 

【2018629日~71 】
トレド「OASIS2018 in Toledo 」
Palacio de Congreso[EL GRECO]/Sala Zocodover
日本スペイン外交関係樹立150周年を記念して「名誉賞」を授与される。

このイベントの記事はこちら

 

【2018年9月2日(日)】
熊本「Lilly’s Gallery in 熊本」
熊本市流通情報会館2階 多目的ルームにて開催。
5年ぶりとなる1日限定の個展は、
多くの方が会場へ足を運び、Lillyの作品と触れ合った。

出展作品や次回の個展予告などの情報も!

このイベントの記事はこちら

 

~今後の予定~

【2018年11月1日~11月 7日】
パリ「和魂洋才」
Linda Farrell Galerie

 

【2018年11月30日(金)~12月2日(日)】
京都「藝展」
音羽山 清水寺 圓通殿

 

20192月頃 全国書店販売
MINERVA 2019(日・英の秀作を収めた書籍)が発行される 。
同美術書にLillyの作品が掲載。 

 

【20194月8日~4月21日
ポーランド「藝展」
ヴィラヌフ宮殿併設 国立美術館

※日本とポーランド国交樹立100周年記念『藝展』の美術書が発行されることに!
そして、表紙はリリーの作品に決定
 

 

【2019731日~83日】
ロンドン「 Exhibition of MINERVA 2019 」MALL GALLERYSにて開催
*英国王立美術家協会(RBA)メンバーとして認定。 

 

 

Copyrighted Image