アラン・バザール氏が『決意』へコメント  –  日本語訳

 

2018年5月18日~5月20日、
OBPツイン21アトリウム1F特設大ホールにて開催された、
OASIS2018(フランス・スペイン・日本の美術展)。

 

同展覧会に出席した美術界の権威「アルフォンソ・ゴンザレス・カレーロ氏」が、今回展示されたLillyの作品『決意』に対しコメントを送った。

 

 

アルフォンソ・ゴンザレス・カレーロ(写真左) = 美術鑑定士や美術評論家、スペイン美術団体「A.M.S.C」の委員長を務める。

 

同氏はスペイン出身で、自身の画廊「アートルーム(Art Room)」を運営したり、Lillyの作品が掲載された『Art Maison International Vol.22』などの美術誌への執筆も多数。

 

さらに、2017年スペイン展覧会「ビエンナーレ」では、
同氏が選ぶ好きな作品として、182作品中8作品のうちの1つにLillyが選ばれるなど、A.M.S.CがLillyを注目していることは間違いないようだ。

 


 

送られたコメント(以下、日本語訳)

 

今回『決意』を見て驚いたのは、彼女(Lilly)が自身のアートのテクニックや色彩を飛躍的に進化させていたことだ。
 この非常に美しい構図の中でバランスが取れているし、
『決意』で主に用いられている青・赤・黄が織りなす美しく鮮やかなコントラストがすごく好きだよ。
A.M.S.C.を代表して
、今後もLillyの作品にとても注目しているよ。 

 


 

2018629日~71 に控えるトレド「OASIS2018 in Toledo 」
Palacio de Congreso[EL GRECO]/Sala Zocodover 、
*今回展示された作品『決意』はここでもお披露目

2018年11月1日~11月7日に控えるパリ『和魂洋才~Linda Farrell Galerie~』、

2019年7月31日~8月3日に控えるロンドン『Exhibition of MINERVA 2019』
(※英国王立美術家協会(RBA)メンバーとして認定される)

今後の出展でも、Lillyの活躍が楽しみだ。

 

アラン・バザール氏のコメントはこちら

今回展示の作品『決意』のページはこちら

カテゴリー : NEWS

Copyrighted Image